【脳トレにも】プロ直伝!水彩画講座の紹介

今現在僕はデジタルな作業がほとんどですが、もともとはアナログの絵ばかり描いていました。(当たり前ですが…)

このブログの読者様からも、「デジタル作画は難しそう」「ペンタブ等を揃えるお金がない」「自分で書いて自分で塗った絵を飾ってみたい」なんていう感想を少しづついただくようになりました。

そこで今回は趣向を変えて、アナログの水彩画講座のご紹介の記事を書きたいと思います。
(もちろん、当サイトの水彩画は毎日更新していきます。)

【水彩画3弾セット】「プロ直伝!いきなり上手に描ける水彩画講座」3弾セット




まずは講師の先生のご紹介から。
画家 上西竜二
上西先生が描いた作品は多数の受賞歴を持ち、美術界からも高い評価を得ている。
毎年、自身の作品を発表する個展を開催しており、
見た瞬間、「写真?」と見間違うほどの圧倒的な描画力に誰もが息を呑む。
手で触れそうなほどの存在感を放つ絵は、技術力の高さを語っている。
また、絵画教室の講師としても活躍中。
作品からは想像できない、明るく面白い人柄と、分かりやすい説明で大人気。
「絵を描くことが楽しくなる」と生徒に好評の絵画教室になっている。
自身の教室では、生徒の作品展を開くなど指導にも熱心に取り組んでいる。


講師のとしての活動も20年近くに及び、小さな子供から定年後の趣味として始めたご年配の方まで幅広く絵画を教えていらっしゃる先生です。
(リンク先で、先生の作品の一部を見ることが出来ます)

この講座で使用されているDVDで細かい筆運びがバッチリ見えます。
上西先生の講座の一部をご覧ください。

5分ほどの動画ですが、どういった内容かはつかめると思います。




また、期間限定でオトクな得典もプレゼント中です。
得典1 美しく絵が仕上がる水張り解説DVD
得典2 ガイド付き下絵
得典3 意外と知らない水彩道具の豆知識
得典4 水彩絵具の落とし方

さらに、期間限定でお試し絵の具をプレゼント中!

その他、体験者の声や実際に描かれた水彩画も見ることが出来るので、この機会に是非お試しください。



水彩画ランキング にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ


Adobe Creative Cloud フォトプラン(Photoshop+Lightroom) 2017年版 |12か月版|オンラインコード版

LINEスタンプで稼げるスタンプを制作

0 件のコメント :

コメントを投稿

※荒らしや他人を不快にさせるコメント(蔑称等)は削除する場合があります